店長のおしゃべりBLOG

こだわり店主おすすめ!!



     Jan.2018
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



パンジー&ビオラの入荷について(異常に長いです)

11月になりましたね。
皆様はきっとパンジー&ビオラの入荷を今か今かと首を長くして
待っていらっしゃることでしょう。
品種指定での入荷の問い合わせもたくさん頂いています。
でも、、、、ごめんなさい。お返事ができていません。
その理由を含め、ここでご説明しなきゃと思いながらも
目の前の仕事に追われてなかなか書けず。

入荷した苗はどんどんアップしていかないと、
お待ち下さっているお客様のためにも。

そんな訳で、前回10/17の店長ブログで、これからの入荷予定をざっくりお話しましたが、
今回は、さらに深く、パンジー&ビオラについて。

11月に入り、他店ではすでにパンジービオラの最盛期!?
最近では「もう完売したのですか?」という質問まで舞い込んできます。
そりゃそう〜ですよね。
まだパンジービオラを扱っていない花屋さんなんて・・・あり得ない。

入荷できない?
そんな訳ないです。

ちなみにこの写真は、よく仕入れに行く生産農家さん(卸の直売所)
10月19日の様子です。



一面にパンジー・ビオラが置かれています。



通路以外はびっしりと地面に置かれている苗のケース。
隙間がいっぱいありますね。
早朝から花屋さんがたくさん仕入れて帰られたのでしょう。10/19なのに。

全国津々浦々からあらゆる苗が集まる卸売市場も同様です。
10月からパンジービオラがたくさん並んでいます。

さすがに引きしまった株は少ないですが、
中には「これはいけるんじゃない!?」と思うものも。
一瞬、心が揺れそうになりますが、そこは経験と信念で抑えます。

10月下旬のある日、花屋さん同士のこんな声が聞こえてきました。
「いつまでも暑いねぇ〜。
パンジー・ビオラは1週間で、いや〜3日で伸びてしまうもんね。
あかんわ〜」

私は思うのです。
「じゃあ〜そんな早くパンジー・ビオラを仕入れなかったらいいのにー
なんで早く仕入れるの? 売れるから? それを買われたお客様はどうなるの?
売れていない苗が徒長するなら、売れた苗もお客様のお庭で徒長しているはず。
それっていいの〜?」と。

早く仕入れれば、確かに売れます。それは私もよ〜くわかっています。
早く売った者勝ち状態のガーデニング業界。なんかねぇ〜
波に乗らず頑固に販売しないでいたら、(乗り遅れたのではない!!)
お客様は他店で買われてしまう。

花苗を買って植えてしまうと、普通は次の植え替え時まで買わない。
そこが食品などと違って厳しいところ。、
徒長していることを知ってらっしゃるのかどうか・・・
世間にはびょ〜んびょ〜んのパンジーやビオラが溢れています。
もしかして、これが普通だと思っていらっしゃる!?

ガーデニング業界、パンジー・ビオラは、他店で買ってしまわれる前に
売ってしまわないと売れないーという空気が充満しているんです。
たとえそれが時季的に早すぎるとわかっていても。
いえ、絶対みなさん解っています。
残念なことに、ネットショップの販売時季もそれを助長しています。

この事はネットショップ風散歩を始める前から、ずっーと
頭の痛い問題で悩んできました。

少しでも良い苗をベストタイミングで提供するためにと入荷を遅らせていたのに、
入荷した頃にはもう売れないんですよね。
あれだけ入荷の問い合わせがあったのに、なぜ???

風散歩では、徒長した苗をお送りすることはどうしてもできません。
徒長してしまったら、販売をストップ。
切り戻して肥料をやって日光に当てて栽培し直します。
そして花芽がついてきたら再販売。
「そんな事をしていたらお商売にならないでしょう!?」
とよく言われます。ごもっともです。

最近は12月も暖かいですので、切り戻したビオラは約1か月で
花芽をつけるようになります。入荷時よりも明らかにボリュームアップした
良株になります。
でもね〜12月になると卸売市場や生産農家さんに並ぶ苗も見違えるほど
良品になっているんですよ。
早く売りたくて、早く仕入れた。
なのに、すぐに徒長してしまって販売をストップ。
早く入れた意味があるんだろうか?
買って下さったお客様のところで徒長してないかな〜?

ある年の11月3日文化の日。
昼間でも冬物のジャンパーを着こまないと寒い日でした。
(今年よりはるかに寒かったです)
パンジー・ビオラのシーズン到来!!
とっても良い苗を作られている生産農家さん(直売所)の所へ
仕入れに行きました。高速道路で片道2時間かけて。
ちょっとした旅気分ですね。
期待以上の良株に感激し、可能な限りトラックに満載して帰ってきました。
柔らかいふにゃふにゃの葉なんてありません。
根元からがっちりした株。よく分枝しているので、1株に花芽もたくさん
ついている株を入荷できて大満足。
ところが、その後、また大阪の気温が上がります。
昼間にジャンパーはいらない。
その超良株でさえも、1週間で少し伸び気味に。
2週間で切り戻したくなるものも。
色(品種)によって違うのですが・・・


人気色(品種)は先に完売してしまうーと言われて
慌てて仕入れに行ったんですが、
あと1週間〜2週間待つべきだった。
これが教訓です。


そう〜どれだけがっちりした苗でも、気温が高くなると伸びてしまうのです。

当店のように丸一日日光の当たる場所で、かつ苗と苗がくっつかないように
十分な間隔をあけて管理していてもーです。
ホームセンターの屋根のある売り場やお花屋さんの店先に置いてたら、
すぐにびょ〜んびょ〜んになっているのは当然です。
近所のホームセンターに買い物に行くと、否が応でも必ず花苗売り場を通ることになるので、
「こんな苗を買う人がいるのかな〜これどうするんだろ!?」といつも不思議に思うんですよ。


当店の仕入れもお客様が買われるのも一緒。
徒長しなくなった時季にがっちりボリュームのある苗を買うのが
一番なんです。

以前、趣味の園芸でも
「伸びてしまったパンジー・ビオラは切り戻しましょう」と
説明されていました。
ちなみに、本格的な寒さが到来する前、11月中に切り戻して
いたビオラは、12月下旬から咲く可能性がありますが、
それ以降に切り戻した場合、冬の間は咲かず3月頃から咲く事に
なります。
特にパンジーはなかなか咲かないです。


当店が試行錯誤した結果、行き着いたのは、
ビオラは11月初旬以降にボリュームのある株、がっちりした株を厳選して
入荷する。
入荷する条件は、がっちりした株でよく分枝して花芽が複数。
その条件をクリアした中で、欲しい色、品種を探します。
欲しい色、品種で探すと、どうしても基準が甘くなって失敗してしまいがち。

パンジーについても同じことが言えるのですが、
パンジーはビオラよりも花が大きいだけあって、良株の選定条件が若干
異なります。「よく分枝していて花芽いっぱい」という苗は滅多にありません。
パンジーの開花株は、徒長しかけているものあるので、
あえて11月中頃に未開花株を選んだりもします。
パンジーはビオラと違い、11月に切り戻すと年内開花が難しくなるので、
出来る限り切り戻さなくて良い状態と入荷のタイミングを見極めます。
だから、ビオラのよりもさらに遅く、11月中頃からの入荷予定となります。

いずれにしても、今年はどの色、品種が入荷できるかどうか、
正直わかりません。
予約注文をするとキャンセルはできないのです。
少しでも伸びた株が届いたらイヤなので、私は現物を自分の目で見て
入荷するか否かを決めます。

皆さんが欲しい色のパンジーやビオラを手にしたい気持ちはよくわかります。
でも、気温が低くなるタイミングで、良い株を植えないと
せっかく欲しい色のパンジー・ビオラもきれいに咲かせることが
できず、びょ〜んびょ〜んのだらしない草姿にがっかり〜
ということになってしまうのです。

予約注文した見元さんのビオラで、がっかりされた経験のある方も
きっと多いのではないでしょうか。

そんな訳で、過去に好評だった品種は是非今年も入れたいのですが・・・
何とも言えないのが現状です。
入荷できるか否かもわからないので、お返事のしようがありません。

こんな頑固者の私の考えに共感して下さったお客様は、
どうか当店の入荷まで気長にお待ちください。

待てないと思われた方は、残念ですが、他店で買って頂くしかありません。

それでもいいと思わないと、信念を貫く事はできませんからね。

長い長いお話を最後まで読んで下さったお客様、
それだけでも嬉しいです。

これからも本当に良い物をベストタイミングで提供できるよう頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します。
苗の管理☆追肥編

遅くなりました〜 お待ちかね! やっと続編です〜

今の時季、苗を元気な状態で保つためには大切な日々の管理。
前回画像つきで説明したのは切り戻しでしたね。

でも、切り戻しだけでは、なかなか元気いっぱいの株には再生しません。
そこで今回はとっても大切な追肥のお話。

栄養バランスの良いご飯 をあげないと、植物はイキイキ健康に大きく育ちません。
私たち人間と一緒。 当たり前のことですよね。

当店の苗をお買い求め下さったお客様は、
土の上にこんな茶色い粒を見かけられた方も多いのではないでしょうか。

     



これが当店で苗に与えている追肥です。

切り戻した際には、必要不可欠!

もちろん、切り戻しに関係なく、
栄養状態を見て必要であれば追肥は与えています。

切り戻しと同時にやるとは限りません。
ただ、切り戻した際には必ずチェック!!

この肥料は大小サイズ2サイズ。
大きい粒1個と小さい粒2個がほぼ同量です。



通常、ポットの大きさ(土の量)によってこの肥料の大きさを変えます。
大きい粒が必要なのに手元に小さい粒しかなくて2個入れる時もあります。
その辺りは適当〜

この錠剤肥料は水をやる度に少しずつ溶けて効いてくれるわけです。
粒をポットの中に入れるおくだけ。
手間がかからず助かります。

本当は。。。
液体肥料アルゴフラッシュを希釈して与えるのがベスト!!
でも、その手間暇がかけれない時にはありがたい 粒剤追肥なんです。

もし、切り戻したのに追肥を与えなかったら???
しっかり日光に当てていても育ちが遅く、なかなか再生しません。

ちなみに、この茶色い肥料は業務用ですが、
同様の肥料が当店でも販売中の プロミック粒剤です。


最後に1つ お願い。
この粒錠の肥料は土の上に置くだけなので、まだ養分が溶けていない時には
ポットを傾けると飛び出してしまうこともあるのです。

そうです!!
梱包中にこの粒剤が苗から飛び出して落ちてしまっていたり。
きっと配送中に段ボール箱の中に転がってしまうこともあるでしょう。

植え替える際にもポロっと落ちてくる錠剤。
「これ何?」と思われた方も多いかもしれませんね。
もしも、まだ溶けていない粒剤が落ちているのを見かけられたら
捨てずに使ってあげてくださいね。
土の上に置くだけでOKです
久しぶりのブログ更新★苗の管理について

無茶苦茶お久しぶりのブログです♪

ガーデニングシーズン終盤と思いきや、
6月末からのこの15日ほどは、
アクシデントやプライベートも含め怒涛の忙しさでした。

出張ガーデニング講習会の下準備(株分け作業)
車のタイヤパンク
自然落下の完熟南高梅のお世話役(毎年ご近所さんと分けています)
その梅仕事
ガーデニング講習会などなど

もちろん、並行して植物の水やり、切り戻し、花がら摘み、
そしてご注文商品の発送♪♪

ここで、やっと一息。

というわけで、なぜこんなに暑い季節にも当店は良苗を出荷できるのか?
という皆様からの疑問にお答えしたいと思います。

お〜!! グッドタイミング!!
いろいろな状態の苗が揃っていた「メカルドニア・ゴールドダスト」の写真を撮影


まずは(A)
いかがですか? 皆さん、こんな苗が届くと嬉しいですか?


たくさん開花していて華やかですが・・・
当店ではこのような状態になったら切り戻します。

「え〜〜〜!? 切ってしまうの? もったいない。。。」
と大体の人は口を揃えて言いますね。

ばっさりカットしたのが(B) 



さすがにこの状態では出荷はできませんね。
よっぽど気心の知れたベテランガーデナーのお客様でない限り。
一旦在庫数から抜きます。

切り戻した株には追肥。
そして、よく日光の当たる場所で育てること1〜2週間で(C)になります。



元気モリモリ 蕾もチラホラしてきていい感じ♪

でも、この状態でもビギナーのお客様はどう思われるかな〜と
ちょっぴり心配です。

そして、さらに1〜2週間で(D)に。



この状態の時にご注文頂いた時の嬉しいこと!!
届いた苗を見て、きっと驚嘆の声をあげていただけるだろうなぁ〜
と想像してはニヤニヤ。

しかし、植物は生きています。
この状態で生育がストップしてくれればねぇ〜など願っても無理なこと。
当然です。

この状態からまた2週間ほど経過すると。。。
そうです! また(A)になるわけです。

もちろん、(A)でもよい苗だと喜んで下さるお客様も多いんですが。

(A)を切り戻しもせず、追肥もせず、日当たりの良くない棚に置いておくと。。。
そうです。某ホームセンターの苗のように。。。。

ということで、可能な限り(C)もしくは(D)の状態でお届けしたいと思っています。

ただ、そろそろ(A)の状態に近くなってきて切り戻そうと思っていたタイミングで
ご注文を頂いた場合は、(A)でお届けすることもございます。

(A)は可の限界ですね。

そんな場合は、綺麗に開花していても、植え替え後にバッサリ切り戻してあげてくださいね。
そうすると、根がついた頃に樹形も美しくきれいに咲き揃います。

当店では、もしも(A)よりも咲き進み、乱れた状態の時にご注文いただいた場合、
そのご注文はキャンセルさせていただきます。
その節はメールでご案内させて頂きますので、どうかご了承くださいね。

そんな事にならないように、マメに出荷可能な在庫数を照らし合わせ、
早めにお手入れ(切り戻し)をしたいとは思ってはいるのですが・・・
現実は植物の生長に手が追いつかないこともしばしばです。

あーーー話し始めるとやっぱり止まりませんね。
また追肥については近日中に改めて書くことにしましょう。

やっぱりこういう長い説明はブログで。
その他、日々の写真はフェイスブックで、
これからもっとマメに更新していく予定です。
フェイスブックにはブログのリンクも貼っておきますので、
是非、風散歩のフェイスブックにも「いいね!」してくださいね。

しかし、、、こんなに長いことブログを更新してなくても、
ブログのアクセス数が落ちてないんですよね。
やっぱり皆さん楽しみ にして下さってます? (笑)
悩み多きパンジー出荷

気がつけば今週で2月も終わりですね。
でも寒〜〜〜い
例年ならば、2月には「春だ!」と思うような小春日和があったりするものなんですが・・・
今年は寒すぎ!!
葉ボタンのトウが立たないのはいい  のですが・・・
当店で秋にピンチして育てているパンジー・ビオラがなかなか育たないし咲かない!
例年なら、今の時季には一番がっちりした良い苗が出荷できるんですが。
朝は葉も花も土もカチカチに凍ってたりしますものね。
せっかく寄せ植えしているビオラだって、花弁が凍結してしまっているから
解凍した日中に写真を撮ろうと思っても、凍結していた花弁が傷んでいる
ように見えるしなぁーとホント困った困った! 

当店の苗の日照条件 は申し分ないもののハウス栽培の苗のようにはいきません。
だから強くて元気なんですが、ともすれば販売タイミングを逃してしまう危機!
だから、世間の花屋さんは秋、まだ10月暑い頃から販売して年内に売り切って
しまうんですよね。
わかってるんですけど、それができない私はガーデニングショップに向かないのかも。

こんな話をしていて思い出しました!!
昨秋にブログにアップしようとパンジー「ハロウィン2」の苗の写真を撮ってたんです。
これをご覧ください。



これは10/23に撮影したもの。
みなさんはどっちの苗が良いと思いますか?
もちろん、同じ価格ですよ。

左の方がボリュームがあっていいと思います?
アップで!



きれいな苗ねぇー
と思われる方の方が多いのかもしれませんね。

実は・・・私の眼ではこれは徒長苗なんです。
もちろん12月下旬にこれならば許せるんですよ。
全然秋らしい気温にならず、ずっーと暑かった10月下旬。
ちなみに、市場やいつもの農場さんのところにも右のような引き締まった苗が
なかなかないのです。寒くならないと植物は引き締まらないのだから当然ですよね。

やっと見つけて「これならば」と思って仕入れても左のような苗になるのに
1週間かかるかかからないか。
世間では10月中頃にはパンジー・ビオラがたくさん売りに出されているのに
風散歩はまだ販売しておらず、
「いつからですか?」という問い合わせも多かった頃です。

当店で1週間でこんな風になってしまうということは、
お客様のところでもそうなるということ。
やっぱりまだパンジーは出荷できない・・・ということに。

10月中下旬頃からパンジービオラを販売予定とお返事しておきながら
実際には販売開始が1か月も遅れてしまったのはこんな理由でした。

入荷したものの、結局出荷ストップ!
では、その苗をどうするかというと・・・



バジハシ! これが当店での切り戻しです。

そして苗と苗の間隔をしっかり開けて、1日中日の当たるところで育てます。
もちろん、肥料も忘れずに。



そして2カ月後から再びがっちりした苗に育ち、花芽をつけ始めたパンジーを
順次出荷し始めました。

しかし、この1〜2月の厳しい寒さ でなかなか大きくなりません。
生長がストップ!
本日2/28に撮影したものもご覧くださいね。



がっちりしすぎ!! 

寒さで葉も赤黒くなっていますが、本当にいい苗です。
暖かくなると一気に葉が育ち花もいっぱいに 

みなさんのお庭のパンジー・ビオラはまだ春が来ていないというのに
ひょろひょろになっていませんか!?

今ならまだバシッと切っていただいても大丈夫ですよ。
ちょっと勇気が必要かもしれませんが・・・

"data-send="false" data-width="450" data-show-faces="true">

風散歩


この冬一番の寒さにも強いなんて!?
James>11/20