お電話でのご注文もOK!
月〜金10:00〜18:00

090-9252-5415

【6号鉢】アイビーゼラニウム「トムキャット」(タグ・ラベル無し)

【6号鉢】アイビーゼラニウム「トムキャット」(タグ・ラベル無し)

*どんな商品?*

今回掲載した画像は、過年度に当店で撮影した同品種です。
 

最新の入荷株の状態は  Instagramの動画アップをご覧ください♪
       
 *************************

   

ご要望にお応えして・・・ 今年も入荷しました♫
 
   帰ってきた「トムキャット」♪
 

     タグもラベルもついていません。
でも、確かに懐かしの「トムキャット」ですね。


昔・昔にPAC社のアイビーゼラニウム・シビルシリーズの品種として確かに「トムキャット」は存在しました。

そして、何年前でしょうか・・・・

10年以上前なのは間違いないです。

「トミー」という品種に変わりました。
(「トミー」は毎年当店で取り扱っています)

花も花色もほぼ同じ。

ただ、横広がりに生育する性質の強い「トムキャット」を、縦横にボリュームの出る性質に変えたのが「トミー」とのこと。

毎年毎年「トムキャット」の問い合わせが入り、その都度「トミーに変わりました」とお返事するも、無いものねだりの問い合わせばかりに疲れ果てて「トムキャット」のページをバッサリ削除しました。


でも、「トムキャット」を販売されている店があるとか。

そんな馬鹿な~と、思っていました。
 

4年ほど前にPAC社のアイビーゼラニウムの販売元の高松商事さんを訪れた際に伺ってみました。

一体どういうこと?と。

日本で人気があろうとなかろうと、輸入元が販売中止になったらおしまい。どうにならないそうです。

「トムキャット」が存在するのはやはり不思議だと。

「トムキャット」として販売されている花が本当に「トムキャット」なのかどうかも不明。ただ、「トムキャット」の親株を残しもっていて、ずっと増やして栽培されている生産者があるのかもしれない。

流石にタグやラベルはもう絶対に無いと思います~とのことでした。


たまたま昨年は新しい仕入れルートもでき、そこで噂の「トムキャット」を見つけて「これだ!」と予約注文してみました。

届いたのは、確かに私のかすかな記憶にもある「トムキャット」の草姿でした。


オーダーは「トムキャット」でしたが、その名のタグもラベルもなく、ただのアイビーゼラニウムになっていました。

「トムキャット」のタグを作るのはまずいですものね。
でも、正式に「トムキャット」と名乗って販売していいのか、疑問は残りますが、間違いではなさそうなのでね~

ということで、正直なお話を書かせて頂きました。


私的には「トムキャット」に拘らず「トミー」でもいいのでは?と思いますが、
今年のご要望が多く、入荷することに。

なお、花の説明は「トミー」をご覧ください。
 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

自信を持っておすすめできる苗のみを豊富に取り揃えております。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

お届けするのは写真のものと同等品になります。
枝ぶり、蕾・花の数が全く同じものはありませんが、似たようなものです。
植物は日々生長していることをご理解ください。
また、色はできるだけ現物通りに再現する努力はしておりますが、発色はご覧のPC環境によって異なります。

*商品スペック*

 6寸(直径約18cm)
       /プラスチック鉢


植物全体の大きさ

  直径 35〜50cmぐらい
  高さ  30cmぐらい

日に日にボリュームアップします♪
  
*当店では剪定しながら管理しております。ボリュームアップし過ぎると株が暴れやすくなるため、適宜ピンチします。

*株によって現在の大きさには個体差があります。
 真ん丸ではなく、楕円のような草姿のものが多いです。
  

★安心の良株揃い

最近チェックしたアイテム

CLOSE